クイーンC(G3)共同通信杯(G3)京都記念(G2)レース回顧・結果

競走馬競馬コラム

2月12日(土)には3歳牝馬の戦いクイーンC(G3)

13日(日)東京競馬場ではクラシックを見据えた共同通信杯(G3)

阪神競馬場では古馬の戦い京都記念(G2)が行われました。

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

プレサージュリフトがデビュー2連勝で重賞初制覇、戸崎騎手はJRA通算1200勝/クイーンC

<クイーンC>◇12日=東京◇G3◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走16頭


2番人気プレサージュリフト(木村)がゴール前で1番人気のスターズオンアースを差し切り、デビュー2連勝で重賞初制覇を果たした。鞍上の戸崎圭太騎手(41)はこれがJRA通算1200勝の記録となった。勝ちタイムは1分34秒1。
プレサージュリフトは昨年10月に同じ東京マイルの新馬戦を豪快な差し切りで制していたが、3カ月ぶりの一戦となったこの日も、道中は後方待機。直線は大外を力強く伸びた。戸崎騎手は「とてもうれしいです。(スタートは)扉が開いた時にに少し怖がる馬らしかったので、覚悟していきました。外枠でしたし、ゴチャゴチャしたところは嫌だった。外めをリズムよく、良かったと思います。手応えは十分でした。外を回っていたし、内の馬がどれだけ伸びるかと。フットワークもとても良かったと思います」とたたえた。
父ハービンジャー、母シュプリームギフト、母の父ディープインパクトという血統。牝馬クラシックの初戦「桜花賞」の有力候補と印象づける勝利となった。

予想結果

◎ ⑩ モズゴールドバレル 7番人気5着

〇 ② ベルクレスタ    3番人気3着的中🎯

▲ ⑨ スターズオンアース 1番人気2着的中🎯

単勝 ⑬ 370円
馬連 ⑨ー⑬ 850円 馬単 ⑬ー⑨ 1440円
3連複 ②ー⑨ー⑬ 1060円、3連単 ⑬ー⑨ー② 4940円

ダノンベルーガ松山騎手「つかまっているだけ」豪快に抜け出し世代主役候補に名乗り/共同通信杯

<共同通信杯>◇13日=東京◇G3◇芝1800メートル◇3歳◇出走11頭


3番人気ダノンベルーガ(牡、堀)がデビュー2連勝で出世レースを制した。直線は馬場の真ん中を1頭だけ違う脚色で伸びて、豪快な抜け出しを決めた。勝ち時計は1分47秒9。やや重ながら、上がり3ハロンはメンバー最速となる33秒7の豪脚を発揮。良馬場の新馬戦(東京芝2000メートル)では上がり3ハロン33秒1の切れ味を発揮したが、この日も緩い馬場を全く気にしない力強い伸びを披露した。

予想結果

◎ ⑤ ジオグリフ     1番人気2着的中🎯

〇 ⑩ ダノンベルーガ   3番人気1着的中🎯

▲ ② アサヒ       2番人気5着

単勝 ⑩ 390円
馬連 ⑤ー⑩ 960円 馬単 ⑩ー⑤ 1750円
3連複 ⑤ー⑧ー⑩ 6640円、3連単 ⑩ー⑤ー⑧ 2万4280円

本命◎⑤ジオグリフよりデータで
3番人気3勝3着内率70%で軸馬⑩ダノンベルーガで勝負

当たり馬券

ブービー人気アフリカンゴールドあっと驚く逃亡劇 国分恭「今でも確信できない」/京都記念

<京都記念>◇13日=阪神◇G2◇芝2200メートル◇4歳上◇出走13頭


ブービー12番人気のアフリカンゴールド(せん7、西園正)が、あっと驚く逃亡劇を演じた。勝ち時計はやや重で2分11秒9。
スタートを決めて外からハナへ。行く馬がいないと見るや、国分恭介騎手(31)が積極的に導いた。緩い馬場をものともせず、道中は淡々とマイペース。直線に向いても脚色は鈍らず、結局は1度も他馬に並ばれることなく、1馬身4分の1差で逃げ切った。

予想結果

◎ ⑥ ユーバーレーベン  1番人気5着

 ⑨ ジェラルディーナ  4番人気4着

▲ ⑩ レッドジェネシス  2番人気13着

単勝 ⑪ 5150円
馬連 ①ー⑪ 3万7320円、馬単 ⑪ー① 9万5870円
3連複 ①ー⑤ー⑪ 7万3310円、3連単 ⑪ー⑤ー① 67万9100円

ブログランキングに参加しています。クリックして頂くと励みになります。
↓↓↓

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました