中央競馬(JRA)東西重賞【AJCC(G2)東海S(G2)】

走る馬競馬コラム

今週も中山競馬場で【アメリカジョッキークラブカップ (AJCC)】(G2)中京競馬場で【東海ステークス】(G2)がそれぞれ行われます。

伝統の一戦

23日に中山競馬場で伝統のレース第63回AJCC(G2)芝2200mが行われます。

中山芝2200mは直線入り口がスタート地点で最初の1コーナーまで432mあり、

そこから外回りコースのため2コーナーまで直線に近い緩やかなカーブになる。

向こう正面下りから3,4コーナーにかけても非常に緩やかなカーブとなるため、

ここからスピードに乗せやすくマクリ気味に進出してくる馬も度々見られる。

最後の直線が310mと他の競馬場と比べても短く更にゴール前に急坂もあり、

クラスが上がるにつれて逃げ切りは難しいデータもある。

やはり中山競馬場ですのでパワーと末脚の持続力が必要ということになります。

このコースで好走をしてきた馬には注目して予想をしていきたいですね。

【AJCC(G2)】最終結論

◎ ① キングオブコージ  一昨年1勝クラスから目黒記念まで4連勝と実力馬。骨折明けから今回3走目で今年は活躍する馬の1頭かもしれない。

〇 ⑪ オーソクレース   菊花賞2着以来で重賞初制覇なるか注目。このコースも経験済みで実力もある。

▲ ⑥ ポタジェ      中山競馬場は新馬戦以来になる。なかなか勝ちきれないがこの馬は非根幹距離に強いかもしれない。

△ ② アサマノイタズラ  長期休養なくここまで使われているのが気になるが、中山競馬場は得意なはずだ。

△ ⑬ スマイル      全4勝中4勝が中山競馬場。3勝が2200mで得意の距離。

△ ⑧ アンティシペイト  ルーラーシップ産駒はここを得意にしている。中山芝も好走済みで臨戦態勢もいい。  

今年最初のダート重賞

同じく23日中京競馬場ではダートの重賞 第39回東海S(G2)が行われます。

フェアリーS(G1)のステップレースで1着馬には優先出走権が与えられる。

スタート地点はホームストレッチ真ん中より左、上り坂の途中からとなる。

1,2コーナーはほぼ平坦で向こう正面は緩い上り坂を走り、

そこから3,4コーナーに向け下り坂のスパイラルカーブを回る。

再び直線では上り坂とアップダウンが激しい。

そのため先行力があり持続できるスピード能力がある馬が活躍している。

差し馬でもINコースを回ってきた馬が台頭しているので

その辺をうまく予想していきたいですね。

【東海S(G2)】 最終結論

◎ ⑮ サンライズホープ  前走チャンピオンズC(G1)は、まさかの15着。先行力で巻き返す。

〇 ④ デュードヴァン   中京コースこそ実績がないが左回りは3勝している。ここ2走しっかり走っているので、松山騎手で一発期待。

▲ ⑬ ブルベアイリーベ  重賞で3着、4着とあと一歩。再びM・デムーロ騎手で頭もある。

△ ⑪ オーヴェルニュ   昨年の覇者。中京コースも4戦3勝と得意で連覇の可能性もある。

△ ① スマッシャー    唯一の明け4歳馬。ここ2戦案外も1番枠生かしてうまく立ち回れば馬券圏内もある。

△ ② グレートタイム   今回距離短縮。ダート1800mは得意。

ブログランキングに参加しています。クリックして頂くと励みになります。
↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました