3歳牝馬の可憐な戦い【フェアリーS G3】

馬競馬コラム

フェアリーSは桜花賞と競馬場は違えど、同距離で行われる3歳牝馬の重賞です。こちらもクラシックには直結しないと言われていました。しかしここ数年では後に重賞戦線で活躍する牝馬を数多く輩出してきています。今年は果たして光り輝く原石はいるのかフェアリーSの予想をしていきたいと思います。

中山 芝1,600m

フェアリーSは中山競馬場の芝1,600mで行われスタート地点は1コーナー辺りのポケット部分になります。

スタート地点から最初のコーナーまでの距離が短いため比較的内枠が有利になるコースです。

その為コーナーに入る前にいいポジションを取ろうと先行争いが激しくなりハイペースになることも多々あります。しかし、中山競馬場は直線が315mと短いため前残りが良く起こります。

ただ直線には「心臓破りの坂」といわれるゴール前には高さ2.2mの上り勾配があり、その影響でゴール直前で順位が入れ替わることも珍しくはないのです。

中山競馬場のレースを好走するには坂を登るパワーが重要になり、急坂でも減速せずに走り切れる馬を厳選していきたいですね。

キラッと輝く馬はこの馬だ

◎ ④ ニシノラブウインク ここまで1勝を勝ち上がるまで5戦を要している。しかしこの経験がここでは生きるのではと思い推奨。とてもレースセンスが良い。

〇 ⑨ エリカヴィータ   セレクトセールで1億8,700万円の値が付いた馬。レースセンス良くここでも対応できそうだ。

▲ ⑧ ライラック     馬体重こそ430㎏そこそこだが距離短縮で末脚が爆発しそう。

△ ① エバーシャドネー  新馬戦でシンザン記念勝ち馬マテンロウオリオンに先着。能力はある。

△ ② ビジュノワール   新馬戦でここ中山マイルを快勝。調教でも切れのある動きをしている。

△ ⑤ スクルトゥーラ   今回距離延長だが調教が非常によく見えた。

△ ⑭ ポケットシンデレラ 母系がフジキセキにつながる系統。距離短縮、新馬勝ちの勢いで入着ある。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました