【ジャパンカップ】

競走馬競馬コラム

皆さんこんにちは!今週はいよいよ「ジャパンC」ですね。昨年は、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3冠馬3頭の対決。見応えのあるレースで興奮したのを覚えています。

今年はその昨年2着のコントレイルが引退レースとして出走してきます。外国招待馬3頭に加え有力馬が揃いました。どんな対決になるのか楽しみですね。

それではジャパンC」の予想に入っていきたいと思います。

「ジャパンC」は毎年、秋の東京最終週に行われますが開催が進んでも基本的に高速決着になりやすいのが特徴です。

先週までの馬場状態を見ても水準からやや速めの時計が出ていましたから、しっかりと時計の出る馬場状態になっていると思われますので、今年もスピード勝負に対応出来そうな馬に注目していこうと思います。

「ジャパンC」は天皇賞・秋よりも上がり3ハロンが1秒近く掛かる傾向にあり、これは400m距離が延びた影響でじわっと3コーナー過ぎからペースが上がりやすい事になっています。

天皇賞・秋は3ハロン勝負「ジャパンC」は4ハロン勝負、だからこそ持続力に優れた長くいい脚を使える馬が活躍していると思います。

ということで

◎ ② コントレイル    身体の伸縮性に優れており、鋭い脚を長く繰り出せる点が最大の長所。引退レースでどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

〇 ⑦ オーソリティ    長くいい脚を使う持久力勝負が合っており、この馬にとって流れは向きそう。今回は一度使った分上積みは十分にある。

▲ ⑤ キセキ       長く脚を使う舞台、上がりの掛かるレースに向いている。大きな上積みこそ無いものの衰えなどは一切感じられない。

△ ⑨ アリストテレス   切れ味勝負よりも持久力勝負の方が合っているはずで適正は高そうだ。叩いた効果はありそうな好仕上がり。

△ ⑭ ユーバーレーベン  かなりのパワーを秘めている印象。筋肉の張り感は叩いてしっかりと上向いている。

✕ ④ シャフリヤール   折り合ってタメが利けば爆発的な末脚を繰り出す。道中のリズムがこの馬には重要になりそう。 

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました