どんな願いも叶える【引き寄せの法則】

女性スピリチュアル

頭の中で願いを思い浮かべれば、どんな願いでもその願いが叶う引き寄せの法則が存在する。

引き寄せの法則 とは

引き寄せの法則は自分の願望

この引き寄せの法則は自分の願望を引き寄せ、叶える手法であるといわれている。

常にポジティブな感情を持ち続けることで自ずといい方向に転じ、波動を上げていくことでスピリチュアル的にいいといわれている。

鏡面して引き寄せられてくる現象

良いものを引き寄せる反面、悪いものを考えているとそれを引き寄せてしまう。自分の心や状態に近いものが鏡面して引き寄せられてくる現象のことなのだ。

日本には昔から

「泣きっ面に蜂」「笑う門には福来る」「病は気から」ということわざがある。どれも不幸なことが続けて起こるとか、笑う所には幸せが来るとか、という意味なのだが、

まさに古代から引き寄せの法則が信じられていた何よりの証拠なのだ。

実際に引き寄せの法則には3つのステップが存在する。

自分の願望をはっきりさせる。

お金が欲しいと強く願った場合は引き寄せられるのは、お金じゃなく「お金が欲しい」という状態になる。ポイントはプラスの表現の言葉を使うことがキーワードになってくる。

「自分が貧乏でお金がない」のであれば、「有り余るほどのお金を持っている」と嘘でもポジティブになることが重要。

自分は何が嫌なのかをヒントにし、自分の本当の願望を明確にすることが大事なのだ。

自分の願望に注意を向ける。

壁に貼り紙をする。例えば「〇〇大学に合格」「〇〇必勝」「〇〇優勝」ということを貼り付ける。

自分の願望を書き出すのであれば、それを見て感情が高まるものでなければならない。

例えば、「年収1億円になりたい」と思うのであれば、今は「年収1億円になるための途中」であると制限するのが大事になる。

その宣言を受け入れる。

自分を疑うという気持ちを無くすのが大事。

人生の97%は潜在意識が左右しているといわれていて、自分の中に存在する内なる固定観念を捨て去らなくてはいけない。常に無意識の状態でポジティブになることが必要なのだ。

例えば、自分のルックスに自信がないけれども、アイドル的な女性に恋をしてしまったとする。その時に自分の外見じゃ相手にされないという固定観念がある。

そのようなネガティブな感情になってしまった時は、世の中にはルックスに自信がなくても綺麗な人と結婚している人はたくさん存在するとポジティブに捉え、ネガティブからポジティブに意識を向ける。

このようにポジティブに考えることで、自分の願望への疑いが薄れ、前向きに引き寄せることが可能になるということだ。

宝くじを「買ってもどうせ当たらない」ではなくて、「今日もどこかで当たっている人」がいるとか、「50歳だけれども転職して成功する人」もいるとか、「どん底の貧乏から富豪」になった人もいる、というようにポジティブに捉えることで自分に幸せがやって来る。

まとめ

  • 引き寄せの法則で最も大切なのは良い気分でいること。「楽しい」「ワクワクする」「嬉しい」などの良い感情を生活のリズムでいつでも感じていることが大切なのだ。
  • 自分が良い気分を感じているなら悪いことは引き寄せられない。
  • 大事なのは自分を信じて願望が引き寄せられると心から信じて、前向きに楽しく生活を過ごすことが最も成功するためのポイント。そうすることで自ずと引き寄せられるのだ。

夢はあきらめないで欲しい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました