今週の重賞レース 7/3(日)

今週の重賞7/3(日)競馬コラム

7月2日から福島競馬場、小倉競馬場が開幕。3日福島では3歳重賞・ラジオNIKKEI賞(G3 芝1800m ハンデ戦)小倉では電撃の重賞・CBC賞(G3 芝1200m ハンデ戦)がそれぞれ行われます。

ラジオNIKKEI賞で注目は今年の3月に行われた弥生賞で3着のボーンディスウェイでしょうか。皐月賞で14着と大敗しましたが、そこまでは掲示板を外していない成績。

CBC賞で注目したいのは今年デビューの新人今村聖奈騎手(18歳 女性 寺島良厩舎所属)ではないでしょうか。これまで計17勝(芝4勝、ダ13勝・新人トップ)先々週まで7週連続勝利をあげて新人らしくフレッシュンな騎乗が魅力です。

今回は3歳限定戦で唯一のハンデ重賞で、波乱傾向が強いラジオNIKKEI賞を各種データを用いて馬券で狙える馬を探していきたいと思います。

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

【第71回 ラジオNIKKEI賞(G3)】各種データ(過去10年)JRA-VAN NEXT データLab 参考

人気別

人気1着2着3着着外勝率連対率3着内率
1番人気230520.0%50.0%50.0%
2番人気300730.0%30.0%30.0%
3番人気100910.0%10.0%10.0%
4番人気110810.0%20.0%20.0%
5番人気103610.0%10.0%40.0%
6,7番人気013160.0%5.0%20.0%
8,9番人気2321310.0%25.0%35.0%
10番人気以下022550.0%3.4%6.8%

荒れる傾向のレースらしく1番人気でも
3着内率は50.0%と低いです。

軸として考えるのならそれでもやはり
1番人気でしょうか?

2~4番人気は買いずらい傾向ですね。

前走距離別

今回該当のみ

前走距離1着2着3着着外勝率連対率3着内率
2000m4332810.5%18.4%26.3%
1800m331386.7%13.3%15.6%
1600m125292.7%8.1%21.6%
2400m12197.7%23.1%30.8%
1400m00040.0%0.0%0.0%

前走2000mが最多の4勝
勝率10.5%
連対率18.4% 3着内率26.3%
①サトノヘリオス
③フェーングロッテン
⑥ボーンディスウェイ
⑦ショウナンマグマ
⑩ミッキーブンブン
⑫グランディア
この中から勝つ馬は出そうですね。

前走からの間隔

今回該当のみ

間隔1着2着3着着外勝率連対率3着内率
中7週4132113.8%17.2%27.6%
中4週141184.2%20.8%25.0%
中2週103135.9%5.9%23.5%
中8週101127.1%7.1%14.3%
中10週以上021270.0%6.7%10.0%

中7週が最多の4勝
勝率13.8% 3着内率27.6%
⑦ショウナンマグマ
⑧タガノフィナーレ
⑪ソネットフレーズ
⑫グランディア

⑦ショウナンマグマ、⑫グランディアは前走距離別でも有力候補

負担重量別

今回該当のみ

負担重量1着2着3着着外勝率連対率3着内率
54㎏6333213.6%20.5%27.3%
55㎏140116.3%31.3%31.3%
53㎏135342.3%9.3%20.9%
56㎏101165.6%5.6%11.1%
52㎏00160.0%0.0%14.3%
51㎏000130.0%0.0%0.0%

勝率では54㎏を背負った馬の好走が目立ちます。
過去10年で6勝ですので連軸候補。
⑪ソネットフレーズ
⑫グランディア
⑬ゴーゴーユタカ

次いで55㎏が勝ち星こそ1勝ですが
連対率、3着内率31.3%でトップ
①サトノヘリオス
③フェーングロッテン
⑥ボーンディスウェイ
この3頭も警戒が必要ですね。

【第71回 ラジオNIKKEI賞(G3)】結論

◎ ⑦ ショウナンマグマ
当該距離2戦2勝、前々走8馬身差の圧勝、逃げ、もしくは先行して粘りこむ。

○ ⑥ ボーンディスウェイ
弥生賞でダービー馬ドウデュースと僅差の競馬。ここでは力は上位でしょう。

▲ ⑫ グランディア
ローテーション、斤量から有力候補。上手く立ち回れば勝ち負けできる。

△ ① サトノヘリオス
G1ではパンチ不足、しかしここでは最内枠を活かして上位進出もあるのではないでしょうか。

△ ③ フェーングロッテン
前走逃げて快勝、同じ競馬が出来れば上位進出。

☆ ⑨ ベジャール
☆ ⑪ ソネットフレーズ

【第58回 CBC賞(G3)】

サマースプリントシリーズ第2弾・CBC賞が行われます。昨年このレースを日本レコードで逃げ切ったファストフォースも参戦。このメンバーなら連覇も狙えるでしょう。

注目のルーキー今村聖奈騎手が騎乗するテイエムスパーダなどからも目が離せませんね。

◎ ⑰ ファストフォース
小倉芝(2-2-0-1)ここでは力上位。

○ ⑤ テイエムスパーダ
小倉芝(2-1-0-0-)1200m芝(3-1-0-1)得意の舞台だ。

▲ ⑫ スマートリアン
1200mは初距離、相手なりに走りこの距離をこなせば上位浮上。

△ ⑭ タマモティータイム
△ ⑮ スティクス
△ ⑨ ロードベイリーフ
☆ ⑪ カリボール

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

ブログランキングに参加しています。
皆さんのおかげで励みになります。
いろいろな方の予想ブログをご覧いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました