【第63回】宝塚記念(G1)レース回顧・結果

2022宝塚記念レース回顧・結果競馬コラム

26日、阪神競馬場で春のグランプリ宝塚記念(G1 芝2200m)が行われました。ファン投票1位のタイトルホルダー、同2位のエフフォーリアを中心に豪華なメンバーが揃いました。

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

【宝塚記念】タイトルホルダーが圧巻の走りでレコードV G1・3勝目

阪神◆G1◆芝2200メートル◆3歳上◆出走17頭

2番人気のタイトルホルダーが終始2番手追走から、4コーナーで逃げたパンサラッサを早めスパートで並びかけ直線で抜け出して、後続に2馬身差をつけて天皇賞春に続きG1連勝。通算でG1・3勝目。

横山和騎手は天皇賞春に続いて父子3代での宝塚記念制覇となりました。(祖父 横山富雄さん、父 横山典弘騎手)

2着は2馬身差で5番人気、D.レーン騎手騎乗のヒシイグアス、3着は更に2馬身差で4番人気、松山弘平騎手騎乗のデアリングタクトが入りました。

1番人気に支持されたエフフォーリアは6着に敗れました。

なお、オーソリティは馬場入り後に馬体に故障を発症して、レース直前に競争除外になった。

横山和騎手「ペースは速かったかもしれませんでしたが、リズム良く走ればきっといい結果が付いてくると思ったので、僕が怯まないように馬を信じて一緒に走りました」

「直線はしっかり脚が残っていましたし、いいんじゃないかと思っていました」

「成長していて、まだまだ良くなる途中だと思うので世界は甘くはないですが、一緒に頑張って僕も成長しなきゃと思います」と話していました。

【宝塚記念】全着順・配当

2022宝塚記念全着順
2022宝塚記念配当

予想結果

1着   ⑥ タイトルホルダー
2番人気

2着 ☆ ⑩ ヒシイグアス
5番人気
🎯

3着 △ ⑦ デアリングタクト
4番人気
🎯

4着 ▲ ⑮ ディープボンド
3番人気

5着   ⑨ マイネルファンロン
14番人気

パンサラッサの動向で惑わされた今回の宝塚記念。予想するうえで反省のレースでした。

スタートから主導権を握ったタイトルホルダー、自ら捕まえに行っての勝利は今後も注目したいところですね。成長力は完全にエフフォーリアよりも上。

現役馬であの馬を捕まえて差し切れる馬はいないでしょうね。

本当に素晴らしい馬が現れました。今後の活躍には海外含めて期待したいところです。

ブログランキングに参加しています。
皆さんのおかげで励みになります。
いろいろな方の予想ブログをご覧いただけます。

にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました