【第83回】優駿牝馬オークス(G1)レース回顧・結果

オークス回顧・結果競馬コラム

22日東京競馬場で3歳牝馬の頂点優駿牝馬(オークス G1 芝2400m)が行われました。桜花賞は0.3差の中に10頭がひしめいた史上まれにみる接戦で、今回も大混戦が予想されました。

桜花賞に続き2冠を目指すスターズオンアース、阪神JF勝ちの2歳女王サークルオブライフ、別路線組からも虎視眈々と3歳牝馬の頂点を目指し激突いたしました。

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

【オークス】スターズオンアースが牝馬クラシック2冠達成 史上16頭目

22日◆東京◆G1◆芝2400メートル◆3歳牝◆出走17頭

⑤サウンドビバーチェが放馬して競争除外となり約15分遅れでのスタート。スターズオンアースはスタートもまずまず出て中団待機。直線に入り馬群の大外から豪快に鋭く伸びて差し切りました。

2着は1馬身1/4差でD.レーン騎手騎乗の10番人気スタニングローズ、3着も1馬身1/4差で横山武騎手騎乗の4番人気ナミュールが入りました。

1番人気に支持されたサークルオブライフは12着。2番人気アートハウスは7着に終わりました。

見事に牝馬クラシック2冠を達成したスターズオンアース。

大外18番からの発走で終始外々を回りながらも中団でしっかり折り合い、直線では馬場の真ん中を素晴らしい末脚を繰り出して一気に差し切りました。

僅差だった桜花賞に比べて今回は完勝といえる内容でした。

騎手が入れ替わりとなる中でも末脚が確実で成績が非常に安定しているのが、この馬の強みなのか。

3冠を目指す秋にはより一層注目が集まるでしょうね。

ルメール騎手「18番から結構大変なレースになりました。最初は優しく乗りたかったが最初から冷静に走ってくれました」

「直線でどんな脚を使えるか見ていましたけど、最後はすごくいい脚使ってくれました」と喜んだ。

2400mも克服して「彼女の血統はすごくスタミナがあるので距離は心配していませんでした」

「1600mも勝ち、2400mも勝って2000mも勝つことが出来ると思います」

と、残す秋華賞で牝馬3冠への意欲を示していました。

オークス(G1)全着順

予想結果

1着 △ ⑱ スターズオンア-ス
3番人気🎯

2着   ② スタニングローズ
10番人気

3着 ◎ ⑧ ナミュール
4番人気🎯

4着 △ ⑮ ピンハイ
13番人気

5着 ○ ⑯ プレサージュリフト
8番人気

◎⑧ナミュール出遅れ癖があったが、素晴らしく好スタートを切った。

道中も横山武騎手はINに忍ばせ上手に馬をなだめていました。直線でも若干のコース取りに手間取っていましたが鋭く伸びて3着死守。能力は出し切ったのではないでしょうか。

秋華賞の2000mもこなせそうですがマイルがベストかもしれませんね。距離不安説もありましたが、力があるところを見せてくれました。

今年のG1はとにかく1番人気に支持された馬が飛ぶ。来週の日本ダービー(東京優駿)はどうなるのか、能力があっても不利有利は読みずらい。

今から来週が楽しみでしょうがないですね!

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

ブログランキングに参加しています。
皆さんのおかげで励みになります。
いろいろな方の予想ブログをご覧いただけます。

にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ

あなたの馬券の悩みを解消します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました