JRA 中央競馬 3日間開催 4重賞レース回顧・結果

競走馬競馬コラム

19日(土)中京競馬場でファルコンS(G3 芝1400m)20日(日)には中山競馬場でスプリングS(G2 芝1800m)阪神競馬場で阪神大賞典(G2 芝3000m)21日(月祝)には中山競馬場でフラワーカップ(G3 芝1800m)それぞれ開催されました。

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

【ファルコンS】内ラチ沿いをピッタリ回りプルパレイが重賞初制覇!

19日◆G3◆中京◆芝1400メートル◆3歳◆出走18頭

第36回ファルコンステークスは、M.デムーロ騎手騎乗の2番人気プルパレイが優勝。道中は中団の内を追走し、直線では内ラチ沿いを力強く伸びて差し切り勝ちを決めた。
勝ち時計は1分20秒9
鞍上のデムーロ騎手、本馬を管理する須貝尚介調教師ともに本競走初勝利を飾った。
メンタルの成長が栄冠に結び付いた。3度目の挑戦で念願の重賞初Vを飾り、新種牡馬イスラボニータに初タイトルをプレゼント。
次戦はNHKマイルCへ向かうことが濃厚、「能力はあるのですが抜け出すとやめてしまうところがあって」M.デムーロ騎手。課題は残るが素質を信じて大舞台へ挑む。

1馬身4分の3差の2着は13番人気、松若風馬騎手騎乗のタイセイディバイン。2分の1馬身差の3着は6番人気、幸英明騎手騎乗のオタルエバー。1番人気に推された戸崎圭太騎手騎乗のトウシンマカオは直線で伸び切れず5着に敗れている。

【阪神大賞典】ディープボンド 史上6頭目の連覇を果たし 悲願G1奪取へ!

20日◆G2◆阪神◆芝3000メートル◆4歳上◆出走13頭◆1着馬に天皇賞・春優先出走権

第70回阪神大賞典は和田竜二騎手騎乗の1番人気ディープボンドが、いつもの先行スタイルと違い道中は中団で追走し、最後の直線は外に出されて伸びると見事に差し切った。
勝ち時計は3分05秒0
鞍上の和田騎手は2000年テイエムオペラオー、11年ナムラクレセント、そして昨年は本馬で制しており、このレースは連覇で4勝目となった。
本馬を管理する大久保龍志調教師は09年アサクサキングス、昨年の本馬に続きこのレースは3勝目。
一気にペースが上がった1000m付近で合図が送られると即座に応えてギアアップ。「地力が違うので最後は余裕で差してくれました」和田竜騎手。悲願のG1タイトル奪取のためこの上ない結果で始動戦を締めくくった。
2着は石橋脩騎手騎乗の5番人気アイアンバローズ。3着は1馬身半差で川田将雅騎手騎乗の3番人気シルヴァーソニック。

予想結果

◎ ⑪ ディープボンド
1番人気1着的中🎯
△ ⑦ アイアンバローズ
5番人気2着的中🎯
△ ③ シルヴァーソニック
3番人気3着的中🎯
予想参照

【スプリングS】5番人気ビーアストニッシドが逃げ切って重賞初制覇!

20日◆G2◆中山◆芝1800メートル◆3歳◆出走13頭◆1~3着までに皐月賞優先出走権

第71回スプリングSは、5番人気で岩田康誠騎手騎乗のビーアストニッシドが優勝。先手を取り、2着馬の追撃を際どく抑え逃げ切った。
勝ち時計は1分48秒4
鞍上の岩田康誠騎手は2009年のアンライバルド以来となる本競走2勝目。本馬を管理する飯田雄三調教師は本競走初制覇。
最内枠からつまづきながらもビーアストニッシドが主導権を握り、アライバルも即座に2番手追走。直線に向いてもしぶとくリードを取り、2番手からアライバルがこれを懸命に追撃したが届かず。鼻差しのいでビーアストニッシドがアライバルを抑え勝利を手にしました。
岩田康騎手は前日の19日阪神11R、若葉Sデシエルトに続いて皐月賞トライアルを制しました。

2着にはハナ差で2番人気、ルメール騎手騎乗のアライバル。1馬身4分の1差の3着には6番人気、岩田望来騎手騎乗のサトノヘリオス。この上位3頭は皐月賞への優先出走権を獲得。

予想結果

◎ ① ビーアストニッシド
5番人気1着的中🎯
△ ⑫ アライバル
2番人気2着的中🎯
△ ③ サトノヘリオス
6番人気3着的中🎯
予想参照

【フラワーカップ】2番人気スタニングローズがゴール前で抜け出し重賞初V!

21日◆G3◆中山◆芝1800メートル◆3歳牝◆出走12頭

第36回フラワーCは、2番人気で川田将雅騎手騎乗のスタニングローズが優勝。好位から抜け出し重賞初制覇を達成した。
勝ち時計は1分48秒5
鞍上の川田将雅騎手は本競走初制覇。本馬を管理する高野友和調教師は2017年ファンディーナに次ぐ2勝目を挙げた。
レースはコルベイユ逃げて、ニシノラブウインクが2番手につける展開。スタニングローズは内々の3番手につける絶好のポジショニング。1番人気シンティーレーションも4,5番手につけスパートのタイミングをうかがう。直線に向きニシノラブウインクがコルベイユを交わして先頭に立って粘り込みに入るが、ここからスタニングローズがグイグイと差を詰めきっちり交わしたところがゴール。前走のこぶし賞に続き連勝で重賞初制覇を決めました。牝馬クラシック路線でも活躍が出来そうですね。

2着は2分の1馬身差で9番人気、三浦皇成騎手騎乗のニシノラブウインク。そして2馬身差の3着には、1番人気の横山武史騎手騎乗のシンティレーション。

予想結果

  ① スタニングローズ
2番人気1着
△ ⑤ ニシノラブウインク
9番人気2着的中🎯
◎ ③ シンティーレーション
1番人気3着的中🎯
予想参照

ブログランキングに参加しています。
皆さんのおかげで励みになります。

【ふるさと納税】 競走馬 引退後の余生にご支援下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました